新素材!? 『オゾン』を利用した化粧品!? (その3)

このオゾン化粧品の「成分」について

無7題

  • 防腐剤不使用
  • 無着色
  • 無香料
  • 無油分
  • 無水分

全成分表示すると、

  1. オゾン化グリセリン
  2. PEG-8
  3. PEG-75

 ・・・・・・以上!以上なのですっ!(余計な成分は一切排除!)

だから!

①使用期限1年!(防腐剤入ってないし!)
②冷蔵庫で保存!

~ご注意を!~

ところで・・・

オゾンは怖い?
オゾンガスは毒だと聞いたけど?

オゾンガスは、以前から毒性研究が中心でした。
なので、いまだにそういう誤解が残っています。

たしかに高濃度のオゾンガスを吸うと、呼吸に毒性が出ますが、ガスさえ吸わなければきわめて安全で、
一番デリケートな臓器である目の消毒もオゾンが用いられているほどです!

オゾンって活性酸素なのでは?
「酸化」って老化するから皮膚に悪いのでは?

それは従来、『酸化=老化=有害』と考えられ、『高濃度で持続的な酸化=毒性』という考え方しかなかったからです。
(よって酸化の研究毒性研究でした。)

身体には様々な機能が存在し、現在最も注目されているのが、
『免疫力=自己治癒力』をどう高めるかです。

その結果、『適度な酸化ストレスは身体にとってプラス』ということが分かりました。

オゾンによる適度な酸化(オゾンシグナル)『免疫力を高める』ことがわかり、

血液のオゾン療法など医療分野でも急速に普及しています。

 その他のお問い合わせは

さくら薬品まで!

おしまい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする