新素材!? 『オゾン』を利用した化粧品!?(その1)

オゾン?  気体の?  『オゾン層』とかのオゾン?
そう、その『オゾン』についてと、そのオゾンの性質を利用した『化粧品』があった!・・・というお話。

オゾンとは・・・

   + O →  → O + O (分解がはやい)

               (反応後、酸素Oに戻り、副生成物を残さない。)

  • オゾンO(分子量48)
  • 酸素OにOが1つ付いたもの。
  • 地上面付近の大気中にも微量に存在
  • オゾン層は紫外線を吸収し生物を保護

といった性質を持ち、人にも環境にも優しいオゾン。

 オゾンの有用性

  • 脱臭
  • 脱色
  • 殺菌
  • 有害物質の分解

 ・・・などは、すでに知られており、特に医療分野で、オゾンの導入が進んでいます。

無題2

また、歴史も古いのです!無題

オゾンの実際

こんなところで使われています↓

 水処理の主流はオゾン処理です!

無題3

 プールといえば、「塩素処理」がすぐに思い浮かびますが(人間が古いから?)、今は「オゾン処理」にして、刺激の少ない「水質」を、小さなお子さんや敏感肌の人向けにアピールしているプールもあります。

無題4

血液オゾン療法(血液クレンジング)というものもあるそうです!
あの人も実際にしているとか!

無題5

 さらなるオゾンの有用性(生理活性)が分かってきましたっ!

  • 抗炎症
  • 抗アレルギー
  • 免疫賦活効果
  • 創傷治癒促進効果
  • 止血効果
  • アンチエイジング

 無題6

 まったく見えませんが(^_^;)、オゾン水によって、アトピー人の症状が改善した!ということ。
13人中、9人が『有効』だった!

 オゾンをもっと手軽にーっ!!(叫)

よし!それならもっと、この「オゾン」を活用しようじゃないか!となったのですが、とにかく、「オゾン水」を作るには、

①高価な装置が必要!

②保存がきかない!

ということで、普及しませんでした。。。。。残念。

しかーーーーしっ!

それを、独自の技術で化粧品のように、手軽に扱えるようにした、
心意気もお顔も男前な薬剤師の社長さまがおられたのでしたっ!

そして、できたのがこれっっ!!

無題7

で、つづく。。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする